マーガリンの恐怖!あなたがパンに塗っているマーガリンが実は。。。

シェアする

yjimage

食パンをトーストした時に皆さんは何を塗って食べていますか?やっぱりシンプルにバターが一番美味しいのではないでしょうか?近頃は日本国内にバター不足なんて声も聞こえてきたりしていますが、本物の美味しいバターを食べたら日常の朝食も幸せな気分になることでしょう!ただし気を付けなければいけない点も!!

今回は、そんなバターやマーガリンについて語ってみようと思います。

バターとマーガリンって何が違う?

まず、バターとマーガリンの違いを簡単に説明すると、動物性脂肪か植物性脂肪か、という違いに分けられます。

  • バター:80%以上が動物性脂肪(牛乳)で出来ている。
  • マーガリン:80%が植物性脂肪(オリーブ油、ごま油等)で出来ている。

バターの原料は主に牛乳。生乳や牛乳に含まれる脂肪分を抽出して、固めたものがバターとなります。

また現在バターとして販売されているものは、乳脂肪分が80.0%以上、水分が17.0%以下と、法律で決められています。

牛乳の脂肪分の特徴としては、冷たくなると固まる性質があります。
20℃くらいの常温に置いておけば、パンなどにも塗りやすい、柔らかい状態になるのですが、酸化しやすいというデメリットも抱えています。

一方、マーガリンの原材料には、オリーブ油(菜種油)や、ゴマ油など、油植物性の油が使われています。

バターと違い、人工的に作られたマーガリンは、冷蔵庫にしまっても、固まりすぎず便利ですね。価格もバターよりも安価で、最近はカロリーオフなど、健康面に気を使って提供されているものも多くあります。

ただ、ちょっと考えてみてほしいことがあります。

マーガリンの原料は、菜種(オリーブ)、ゴマなどの、植物ですよね。
なぜこれが、冷蔵庫にいれても、パンに塗れるほど柔らかくなるのでしょう。

次で解説します!

健康面ではどうなんだろう?

あなたがパンに塗って食べているのはバターですか?それともとマーガリンですか?
私の周りで聞いてみたところ、マーガリン派が圧倒的に多かったのですが、理由としては

「マーガリンの方が安いから。」
「マーガリンは冷蔵庫から取り出してすぐでも柔らかく、塗りやすい。バターは硬い。」
「マーガリンは原料が植物性脂肪だから、ヘルシーな気がする。」
「マーガリンの方がカロリーが低いから」
「バターはカロリーやコレステロールが高そうだから」などなど。

ココだけ聞いていると、マーガリンのほうがバターよりも優位な点が多いように見えますが、本当にマーガリンはそんなに優れているのでしょうか?

一度は聞いたことがある「トランス脂肪酸」とは?

マーガリンにはこのトランス脂肪酸が含まれています。
トランス脂肪酸がカラダに良くないということは、なんとなく知っているという方も多いかもしれませんね。
欧米ではマーガリンに含まれるトランス脂肪酸が、健康被害を与える可能性が指摘されていて、規制されている成分だということをご存知ですか?(※日本では今のところ規制なし)。

マーガリンは元々バターが高価だったことから、バターの代替として作られました。
以前は「人造バター」とも呼ばれていたそうです。

しかもかつては、植物性脂肪から作られているマーガリンは、動物性脂肪であるバターよりも健康に良い印象すら持たれていたようです。そして、バターに比べ安価であることから、バターの代用品としてパンやケーキ、クッキー、アイスクリーム、チョコレートなど、現在多くの市販食品の原材料に使われています。

しかし、近年では逆にマーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、ガンや心臓疾患などの現代病や、喘息やアトピー性皮膚炎などとの関係も示唆されていて、多量に摂取すると高齢者の認知症の発症率の増加と相関関係があることも、アメリカでの調査研究結果などから明らかになっています。

これは、マーガリンの原材料の一例なのですが、食用植物油脂は皆さんご存知だと思います。先ほども出てきた、ゴマ油やオリーブ油です。

ただ、食用植物油脂だけだと、常温でトロトロの液体な訳です。冷蔵庫に入れたところで、液体のままです。

そこで登場するのが、食用植物油脂の次に書いてある、食用精製加工油脂です

水素添加によって生まれた人工的なトランス脂肪酸に要注意!

欧米では、食品中に含まれるトランス脂肪酸の量を表示することが義務付けられたり、食品中に含まれる量の規制が行われるなどしています。多くのマーがーリンには、程良い固さにする便利さや、口どけの良さを追求するため、食用精製加工油脂が使われています。

食用精製加工油脂の中には、石けんなどの原料としても利用される、硬化油脂が含まれています。そして、その製造過程でトランス脂肪酸が生成されます。

つまり、柔らかい状態を保つために、工業用にも使われるよくわからない材料が入ってる訳です。

バターは動物性脂肪が原料なので、カロリーやコレステロールが高く、体に悪いというイメージが強いかもしれませんが、バターはマーガリンと違い、自然界に存在する脂肪を使って作られています。バターにもトランス脂肪酸は含まれますが、天然のトランス脂肪酸なのです。

一方のマーガリンは、植物性脂肪に水素を添加することで生成される、人工的なトランス脂肪酸。私たちが注意すべきなのは、水素添加によって生まれたものです。

もちろん、バターも摂りすぎはカラダに決して良いとは言えません。過剰に摂取すると血中コレステロール値が上がり動脈硬化の原因となったり、体内でも凝固しやすく、血液がいわゆる「ドロドロ」の状態になるともいわれています。マーガリンよりはバターを選ぶほうがカラダには優しいのですが、いずれにせよ、ほどほどの摂取が良いでしょう。

パンに塗るマーガリンそのものよりも、マーガリンを使った商品がたくさんあるということなので気を付けたいですね。

ヤマソウ
大手飲料メーカーで新規開拓を中心に7年間営業職として勤務した後、29歳でパンの道へ

約4年間修業した後に
平成21年、地元見附市で「しあわせパン工房パン・ド・ネイヴル」を開業

地域密着を念頭に置き、地産池消を心掛け「みんながハッピー」になれるお店づくりを目指します!

平成26年5月には長岡市喜多町にベーカリー&イタリアンレストランDOLCE VITAをOPEN!!

平成28年4月、長岡市殿町にワインバル DOLCE VITAをOPEN!

気軽にFacebook友達申請して下さいね。
https://www.facebook.com/p.d.navel

スポンサーリンク